木造住宅耐震診断の希望者を募集します

公開日 2020年07月01日

更新日 2020年07月01日

木造住宅耐震診断支援事業

 建築基準法に基づく現行の新耐震基準は、昭和56年6月1日に導入されましたが、過去の震災や熊本地震では、旧耐震基準で建築されたものに大きな被害が発生しました。(原因の例:基礎に鉄筋がない。耐力壁の配置が偏っている又は少ない。軸組の接合部が弱い。)

 町では、地震に対する住宅の安全性に関する意識を高め、木造住宅の耐震化を促進するため、専門知識を有する耐震診断員を派遣し、耐震診断を行います。

深浦町木造住宅耐震診断推進事業実施要綱[PDF:209KB]

対象住宅

町内にある、次の(1)から(4)の要件すべてに該当する住宅

(1)昭和56年5月31日以前に建築されたもの

(2)一戸建ての専用住宅又は併用住宅(延べ面積の2分の1以上を住宅の用に供し、かつその他の用途

   に供する部分の床面積が50平方メートル以下であるものに限る。)で地上階数が2以下のもの

(3)一般構法(在来軸組構法)又は伝統的構法によって建築された木造住宅であること

(4)現在、居住している住宅であること

対象者

対象住宅を所有し、かつ当該住宅に居住する者(親族を含む)で町税等の滞納がない者

診断費用

申込者負担として、1戸あたり11,000円(延べ面積が200平方メートル以下の場合)

200平方メートルを超える場合は400平方メートルを上限に、申込者負担の増額で対応します。

※診断費用は200平方メートル以下の場合は総額14万7,000円ですが、残額の13万6,000円は国・県・町で負担します。

募集戸数

2戸(先着順)

募集期間

令和2年7月1日(水)から令和2年11月30日(月)まで ※土日祝日は除く

必要書類

(1)申込書(様式第1号) 深浦町木造住宅耐震診断員派遣申込書(様式第1号)[DOCX:19.1KB]深浦町木造住宅耐震診断員派遣申込書(様式第1号)[PDF:120KB]

(2)建築時期及び延べ面積が確認できるもの  

  ・建築確認通知書又は完了検査済証の写し

  ・登記簿謄本の写し又は登記事項証明書 等

(3)案内図

(4)外観写真2面以上

(5)概略平面図(建築確認申請図面等があればその写し)

   ※古い住宅などでは、書類がみつからないこともあると思いますので、その際は遠慮なく建設課へ

    御相談ください。

(6)本人の住所及び氏名等を確認できる書類(運転免許証)、パスポート、住民基本台帳カード等の写

   し等)

耐震診断の流れ

(1)必要書類を提出して下さい。

(2)審査の結果、対象者には「派遣決定通知書」が送付されます。

   個人負担金11,000円(延べ面積が200平方メートル以下の場合)を同封の納入通知書により

   指定金融機関に納入して下さい。

(3)日時打合せのうえ、耐震診断員が調査に向かいます。

(4)診断後、耐震診断員は調査報告書を作成します。

(5)町職員及び耐震診断員が診断結果の説明をいたします。

※悪質な業者による勧誘にご注意ください。
 町から訪問したり、電話をかけるなどして、耐震診断や耐震改修を勧めることはありません
 その他ご不明な点は、建設課にお問い合わせください。

関連ファイル

深浦町木造住宅耐震診断推進事業実施要綱[PDF:209KB]
深浦町木造住宅耐震診断員派遣申込書(様式第1号)[DOCX:19.1KB]
深浦町木造住宅耐震診断員派遣申込書(様式第1号)[PDF:120KB]
深浦町木造住宅耐震診断推進事業実施要綱様式[DOCX:23KB]
深浦町木造住宅耐震診断推進事業実施要綱様式[PDF:154KB]

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ

建設課
住所:青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢84-2
TEL:0173-74-4413
FAX:0173-74-4415

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る