認知症高齢者等事前登録事業・見守り用GPS助成事業について

公開日 2017年05月19日

更新日 2021年09月08日


行方不明になる認知症の方は、はじめから目的もなく歩き回っているわけではなく、その方なりの目的や理由があります。
しかし、歩いているうちに目的を忘れたり、方向が分からなくなってしまい、結果として道に迷ってしまうことがあります。
町では、そのような方の早期保護と介護されるご家族の負担軽減のため、認知症高齢者等の登録事業や、見守り用GPS端末機の利用料金の助成事業を行っております。

1.行方不明などの心配がある方は「事前登録」を!

事前登録していただいた方が行方不明となった時、地域包括支援センターから協力機関へ迅速に行方不明情報を発信し、捜索の輪を広げます。

対象者 町に住所を有する65歳以上で認知症による行方不明が心配される方です。
※65歳未満でも認知症による行方不明の心配がある方はご利用できますので、ご相談ください。
申請 ご家族が「認知症高齢者等事前登録申請書」を地域包括支援センターにご提出ください。登録は無料です。登録の際は6か月以内に撮影した写真を地域包括支援センターにご持参ください。
情報について 事前登録情報は地域包括支援センターと、鯵ヶ沢警察署、深浦消防署で共有します。
※登録情報は本事業に関わるものにのみ使用し、適切な取り扱いが行われるように十分配慮いたします。

2.認知症高齢者見守り用GPS端末機の利用料金の助成

利用者 町に住所を有する、認知症などによる行方不明のおそれがある高齢者を介護しているご家族です。
助成内容 町指定の事業者と契約し初期料金をお支払いいただいたのち、助成申請していただきます。助成対象は初期登録料と6か月目までの基本利用料で30,000円を上限とします。7か月目以降の基本料金料は利用者負担となります。
利用方法

登録高齢者がGPS端末を携帯することで、パソコンやスマートフォンからインターネットで登録高齢者の居場所をいつでも検索することができます。

※専用アプリ利用タイプ  (月額利用料:638円)

 専用WEBサイト利用タイプ(月額利用料:2,090円)

 認知症による行方不明者の早期保護と介護者の負担軽減のため、GPSによる位置情報システムを利用したサービス機能の提供を受けるための初期料金を助成します。

※両事業ともに、町に住所を有する認知症高齢者、またはその介護者が対象となります。町外の方は対象となりませんので、ご了承ください。
※申請方法など、詳細については深浦町地域包括支援センターまでお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ

地域包括支援センター
住所:青森県西津軽郡深浦町大字広戸字家野上104-1
TEL:0173-74-4421
FAX:0173-82-0158
このページの
先頭へ戻る