○深浦町霊園条例施行規則
平成17年3月31日規則第115号
改正
平成19年3月2日規則第4号
深浦町霊園条例施行規則
(趣旨)
第1条 この規則は、深浦町霊園条例(平成17年深浦町条例第129号。以下「条例」という。)第22条の規定に基づき、必要な事項を定めるものとする。
(使用許可申請)
第2条 条例第5条の規定による墓地の使用許可を得ようとする者は、墓地永代使用許可申請書(様式第1号)に本籍及び住所を証明する書類を添えて町長に提出しなければならない。
2 条例第10条の規定による、ただし書きに係る代理人を選定しなければならない者は、墓地永代使用許可申請書に併せて墓地永代使用権者代理人届(様式第2号)を添えて提出しなければならない。
(埋葬の禁止)
第3条 墓地には、火葬しない死体(胎)を埋葬することができない。
(施設の制限)
第4条 使用許可を得た者が墳墓に碑石を建設する場合、統一する区画については、石種及び形象は別に定める基準(様式第4号その1からその3まで)によらなければならない。また、自由とする区画については、その区画に収容できるものでなければならない。
(施設工事届)
第5条 使用許可を得た墳墓に工作物を施設し、又は施設した工作物を変更しようとする者は、墓地施設建設工事(変更)申請書(様式第3号)に墓地施設建設工事(変更)設計図書(様式第4号)その他必要な書類を添えて町長に提出しなければならない。
(承継及び譲渡申請)
第6条 条例第13条の規定による墓地の使用場所を承継し、又は譲渡しようとする者は、墓地承継(譲渡)申請書(様式第5号)に次に掲げる書類を添えて町長に願い出て、承認又は許可を受けなければならない。
(1) 従前の使用権者の墓地永代使用許可証(様式第6号
(2) 従前の使用権者との関係を証明する書類
(墓地の返還)
第7条 条例第14条の規定による墓地を返還するとき、又は条例第15条の規定により使用権の取消しをなされたときは、墓地返還届(様式第7号)に墓地永代使用許可証を添えて町長に提出しなければならない。
(許可証の提示)
第8条 墓地の使用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、墓地永代使用許可証(様式第6号)を町長に提示しなければならない。
(1) 使用場所の引渡しを受けるとき。
(2) 埋葬又は改葬を行うとき。
(3) 使用場所の施設工事(変更)を行うとき。
(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が特に必要があると認めたとき。
(許可証の再交付)
第9条 許可証の再交付を受けようとする者は、墓地永代使用許可証再交付申請書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。
(使用料)
第10条 条例第17条に規定する規則で定める霊園使用料の額は、次のとおりとする。
(1) 使用許可申請時に全額納付する場合 1区画当たり17万円
(2) 5年以内の分割納付の場合 1区画当たり18万円
(管理料)
第11条 条例第18条の規定による管理料の額は、1区画当たり年額3,000円とする。
(管理料の減免)
第12条 条例第18条第3項の規定による管理料の減免を受けることができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とし、減免を受けようとするときは、墓地管理料減免申請書(様式第9号)に事実を証明する書類を添えて町長に提出しなければならない。
(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護を受けている者
(2) 天災その他特別の事情により、生活が著しく困難となった者
(3) 前2号に掲げるもののほか、特に町長が必要と認めた者
(住所及び本籍変更届)
第13条 墓地の使用者は、住所又は本籍に変更があったときは、住所・本籍変更届(様式第10号)に墓地永代使用許可証を添えて町長に届出しなければならない。
(その他)
第14条 この規則に定めるもののほか、深浦霊園の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。
附 則
(施行期日)
1 この規則は、平成17年3月31日から施行する。
(経過措置)
2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の深浦町霊園条例施行規則(平成元年深浦町規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。
附 則(平成19年3月2日規則第4号)
(施行期日)
この規則は、平成19年4月1日から施行する。
様式第1号(第2条関係)
様式第2号(第2条関係)
様式第3号(第5条関係)
様式第4号(その1)(第4条関係)
様式第4号(その2)(第4条関係)
様式第4号(その3)(第5条関係)
様式第5号(第6条関係)
様式第6号(第6条、第7条、第8条、第13条関係)
様式第7号(第7条関係)
様式第8号(第9条関係)
様式第9号(第12条関係)
様式第10号(第13条関係)