津軽国定公園十二湖「青池」
武甕槌(たけみかつち)神社
●武甕槌神社(岩崎)

 ○祭 神    
    武甕槌命(たけみかつちのみこと)

 ○由来及び沿革  
    元和年中(1615年~1623年)今からおよそ360年くらい前に、五穀成就、天下泰平、国家
   静謐祈願のため建立したとある。破損などの時には、同所にて再建する、御供米、祠、田地な
   どの寄附はないく、本殿は九尺四方。このかしわいにない大きな本殿である。岩崎村武甕槌命
   神社図式によると、本殿の東側に、神楽殿も建立されていて、他に例のない立て方をしている
   その後、拝殿の新築により旧神楽殿は解体された。
     明治三年の調書によると、この神社は「岩崎村産神毘沙門堂」とあり、それを武甕槌神社と
   したように記している。(岩崎村史より)
 


 

 

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問合せ
深浦町
〒038-2324
青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢84-2
電話:0173-74-2111
FAX:0173-74-4415
メールでのお問い合わせ